化粧水、美白作用と漂白作用のある成分の比較

美白は肌を白くする、メラニン色素を薄めていく事を意味します。
漂白は皮膚そのものを薄くしてしまう為にメラニンを含んだ表皮にも、ダメージを与えます。

美白化粧水に配合されている物の中に、化学物質で肌を白くする作用のある成分があります。


一例としては「ピロ亜硫酸ナトリウム」ですが、このピロ亜硫酸ナトリウムは避けるべき成分になります。他の肌を白くする成分と比較すると、皮膚に多大な負担をかけるのです。
その化学物質は美白成分というよりも「漂白成分」と言えますが、美白と漂白は違うと先に挙げました。



確かにメラニンにも影響は与えますが、肌に対してデメリットは大きい事は否定ができないですから、ピロ亜硫酸ナトリウムが配合された化粧水を見つけたら、避ける方が良いのです。



因みに美白成分はたくさんありますが、グリチルリチン酸、α(アルファ)アルブチン、ビタミンC、ポリフェノール、アスタキサンチン、プラセンタエキス、ダマスクローズエキス、ラベンダーエキスといった物が挙げられます。


比較的に皮膚に刺激は少ない成分ばかりであり、化粧水に配合しやすい成分でもあります。



ダマスクローズエキスとラベンダーエキスを比較すると、両者はハーブから得られるものであり、エッセンシャルオイルが抽出できる程の香りを持つハーブとなります。

美白作用はダマスクローズエキスの方が高めですが、皮膚が日焼けを起こした場合はラベンダーエキスの方が良く作用します。