化粧水を比較してみる

化粧品すべてにいえることですが、体質、肌質の個人差がある以上、あうものと、あまりあわないものがあります。


合わないといっても、別段トラブルにならないのであれば、使い続けても、悪くはないのですが、どうせなら、より自分の体質、肌質に合った化粧品を使ったほうが、美しい印象を演出できたり、自分自身でも、満足感をもって暮らせることが多いです。


そこで、化粧水を比較するのは、肌にとってよいことです。肌にたいせつな水分が、自分に合うものなら、その他の化粧品ののりも、変わってくることもあるからです。



化粧水の比較は、自分でしかできません。



他者のレビューなども、参考にはなりますが、あくまで参考であり、自分の肌により合うものを見つけられるのは、自分自身だけともいえます。化粧水の比較をする際、気を付けたいのは、短期間で行わないことです。

化粧水の効果をしっかり実感するには、ある程度の時間がかかります。
たとえば、ターンオーバーというのがありますが、それは、肌の生まれ代わりのサイクルのことで、新陳代謝がどのくらい活発かなどの個人差もありますが、最低でも一ヶ月はたたないと、ターンオーバーがひととおり進んでいないことが多いです。

ですから、一ヶ月以内に早合点をしてしまうのは、あまり得策とはいえません。



また、化粧水を変える際には、生理前から生理中は避けたほうがよいとされています。
生理前から生理中は、肌が荒れやすいので、的確な比較がしづらいということです。