化粧水、シンプルな製品と複雑な製品の比較

化粧水に配合されている成分が多い場合と少ない場合があります。



どちらもメリット、デメリットがありますが、比較すると前者の方は、「様々なメリットを得られやすいが皮膚が刺激を受けて、合わない場合が出てきやすい」のです。

後者の場合は「効果目的が絞られている傾向があり、物足りなさを感じやすいが、肌に合う可能性は高め」と言えます。

化粧水にも、一例としては、たくさんのハーブエキスを配合した製品がありますが、配合するハーブの種類が多ければ多い程、刺激が出てきやすくなります。

個人差は必ずあり、どんなに低刺激な植物でも本人に合わない場合は、そこで使用を控えねばならないのです。


ラベンダー、セージ、オレンジピール、ダマスクローズ、オリーブリーフ、ローズマリー、マリーゴールド、リコリス、カモミール、レッドクローバー、プエラリアミリフィカ、フェンネルといった数多くの混合ハーブエキスは有効成分が大量に含まれます。



しかし、どれかひとつでも本人に合わない植物がある場合には、痒みや湿疹、炎症を招いてしまう恐れがあります。

比較すると、たくさん良いものを配合すれば、肌が改善されるとは限らないのです。



逆にシンプルな化粧水、水、グリセリン、ラベンダーエキス、フェノキシエタノールといった、配合している成分の数が少ない方が、皮膚に合う可能性が高くなります。しかし、先に挙げた通りに、目的は絞られてきます。


しかし、ラベンダーエキスだと比較的に刺激が少なく、肌を綺麗にする作用があります。