化粧水、保存料の比較

化粧水に配合されている保存料がありますが、配合されている大体の物は化学物質である事が多いのです。

パラベンという保存料は菌の繁殖を抑制する力が強いのですが、大量に配合している場合は安全性が保証されないですから、使用は避けたいところです。

ここで比較すべきポイントは、安全でない保存料と安全性の高い保存料です。

化粧水に配合されている安全ではない防腐剤は、パラベン以外には合成着色料です。
逆に安全性のある防腐剤はエタノール、フェノキシエタノール、オリーブリーフエキス、ユーカリエキスあたりになります。
エタノールは多量に使わなければ肌を清潔に保ち、毛穴を引き締める作用があり、ニキビにも効果あります。



使用する量によってはメリットがあるエタノールですが、防腐剤として使われもします。

しかし、防腐剤としての効果はパラベン類に劣ります。
次にフェノキシエタノールですが、これはエタノールとはまた違う成分であり、グリコールエーテルとも呼びます。
保存料として高い効果を発揮する上に抗菌作用が高いのです。



オリーブリーフエキス、ユーカリエキスも防腐剤としての役割は少し果たします。


しかし、肌にメリットを与えるハーブという事は、ナチュラルな有効成分を含む為、腐敗はします。



一時的に防腐する効果がある天然物になりますから、化学物質の保存料には劣ります。
こうして比較すれば、化粧水に配合されている物がどれが安全か安全でないか、判別出来ます。


比較は重要になります。